私のこんまりレッスン(3年前本を読んで) 片づけエッセイ1



こんまり流片づけレッスンで

自分の家の片づけを終えて

(3年前のこと)




  

片づけの時に

どうしても捨てられなかった
古いシーツと古い本




書籍のレッスンの時のことでした



ある一冊の古い本を処分しようとして
ごみ置き場に持って行きました



でもしばらくすると

その本のことが気になって
落ち着かなくなってきたんです



なんでだろうと不思議に思いながら


ごみ置き場から家に持ち帰ってきました


ほんの題名は「絵を描きたいあなたへ」





そうかあ

私は本格的に
絵を描きたかったんだあ
と気がつきました
(遊びでは描いてましたが)




古いシーツは
小物のレッスンのときにですね


ボロボロで穴があいているのに
やっぱり捨てられない


そうかあ


部屋で絵を描いているとき
絵の具が
飛び散ってもいいように
シーツを
大事にしまっていたいんだあ




そのことに気づかせてくれた
こんまりレッスン




ありがとうの気持ちと一緒に


この時の
本当の自分の気持ちと
出会ったことが忘れられず


今こんまりワールドと
絵を描くことにはまっています



あれは本当に衝撃的でした


レッスン後
絵画教室に週一回通っています



最近では、本はいつの間にか
私のそばからいなくなりました



古いシーツは、小さく裂かれて
汚れたフライパンをきれいにする
お勤めをしています




そして2019年の12月


私はこんまり流片づけレッスンの
養成講座修了生として
インストラクターを目指しています
(2020年お陰様で合格)


こんまりレッスンを受けると
皆さんもいろんな風に
ときめく体験をされると思います



楽しいですよ💛







最後まで読んでくださいまして
ありがとうございます




         by あっこ

この記事へのコメント