洋服の片づけ  片づけエッセイ


みなさん

こんにちは

お元気ですか?


こんまり®流片づけコンサルタントの

ひだかあきこです。


今日もこのブログに

きてくださいまして

ありがとうございます。



私は近藤麻理恵の

「こんまり🄬流片づけ」という

ちょっと不思議な

コンサルタントをしています。



今回は

私が

片づけレッスンをしている様子を

みなさんにご説明します。


そして「こんまり®流片づけ」

って

何だろうと思う方の

疑問を

解消したいと思います。


それでは最初の部分

洋服のレッスンを

ご説明しますね。


こんまり®流片づけレッスンには

順番があります。

最初は洋服⇒本

⇒書類⇒小物

⇒そして

思い出品と写真の順になります。


どうしてかというと

洋服が比較的

ときめきがわかりやすいからです。

洋服がハートと身体を

包み込んでいるからです。


私のクライアントも

洋服の途中か

「ときめきが分かったかも!」


目を輝かせたことがあります。



最初は

家にある

ご自分のすべての洋服を

部屋やベッドの上に積み上げます。


そしてそのボリューム感を

その目で見て実感してください。

多くの方が

自分の思った以上の

洋服の量に驚きます。


私も自分の服の多さに

驚いたものです。



それを

カテゴリー別に分けて

順番に手に取ります。


手に取るときは

一つずつです。

それが大事なルールです。



めんどくさい?(◎_◎;)

そうですね。

そうかもしれません。

でも大切なことなので

お付き合いしてもらえると

ありがたいです。(^_^)/



話を戻しましょう。


洋服も種類が多いです。

靴下、トップス、アンダー

スカート、コート

スポーツウエアなどがありますね。

それを一つひとつ

手に取ってみてください。

そしてときめくかどうか

感じてみましょう。


ときめいたモノは

大事に取っておきましょう。



どの位の服を取っておくか

その方のときめき具合で違います。


「全部大切よ。取っておくと思う」と

宣言されたクライアントも

レッスンが終わった後は

90ℓの袋に

5つのお別れする洋服が

入っていました。


「なにがときめきか分からない」

そう言って

手に取った洋服を

真剣にチェックしていた

クライアントも

いらっしゃいました。



さあ

あなたも

洋服のときめきレッスンを

しませんか?



もし

途中で分からなくなったら

いつでもご連絡ください。


「聞くはいっときの恥、聞かぬは一生の恥」

っていうではありませんか。


メールのやり取りは無料です。

やっていくと

どうしてもわからないことって

出てきます。


それだけあなたが真剣だからです。


片づかない苦しさは

私にもよく分かります。









今日も

最後まで読んでいただいて

ありがとうございました。






       by ひだかあきこ





#こんまり®流片づけ #ときめき #洋服 #身体 #包む  


この記事へのコメント