「ときめき」で苦手を克服しよう 片づけエッセイ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《読者の悩み》 整理と収納が出来ない40代主婦です。今も沢山の

モノに囲まれています。どこに何があるのか分からないので必要な

モノがすぐ見つかりません。そのため、同じものを何度も買って

しまいます。何をどう頑張ればいいのかさっぱり分かりません。

家にいるといつも「片づけなくては」という気持ちがあります。

本を読んだり雑誌で特集記事があると真似をしますが、上手くいきま

せん。もうこういう生活は終わりにしたいです。



 何かいい片づけ方法はありませんか?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




 こんにちは



 こんまり®流片づけコンサルタントのひだかあきこです。



 今のお話、片づけが苦手な人にとって大問題ですね。分かります。



 いつも課題が、目の前に突き付けられているんです。投稿者さんは



家でも心の休まるときはないかもしれませんね。







 片づけを終えて 




 こんまり®流片づけは



「ときめくモノだけを取っておく片づけです。「そんなので家が



綺麗になるのか?」と思われそうですが



このメソッドを読むと納得してもらえると思います。







 実は私だけでなく、多くの片づけられない人が、



こんまり®流片づけを実践して、その後の人生を大きく変えて



きました。もちろん100%の人が成功してきたわけではありません。



でも、成果を上げた人は、次のような感想を持っています。






・ たたんで引出しに入れるのが、こんなに楽しいと

思わなかった。



・ 台所の棚を開けると、収納に余裕があって毎回

感動します。



・ ストックの必要な量が、常に分かります。

それが嬉しいです。



・ 自分が家をコントロールしているのを実感して

ワクワクします。






 ここに紹介された感想は、ほんの一部です。



こんまり®流片づけレッスンを受けた多くの人がこの片づけに



満足しています。



 私の場合は、片づけ終了後、何が変わったかというと



まず不必要な外出や買い物がなくなりました。



それからカフェで本を読むのが家で過ごすようになりました。



ごちゃごちゃした部屋だと落ち着かなかったんですね。



部屋が綺麗になった今ならわかります。



最近は落ち着いて、部屋でゆっくりハーブティーを飲んでいます。



夫との会話も弾みます。



片づいた部屋は夫婦円満の秘訣かもしれません(笑)



(ついでにあまりの感動に



こんまり®流片づけコンサルタントになりました)。









第1回と2回の続き




そのこんまり®流片づけを、数回のブログに分けて皆様に



お伝えしています。





今回は3回目です。




最初の回は「片づけの感度を上げませんか」です。クライアントの



理想の未来をイメージしながら「手作りバーチャル」を







第2回は、レッスン後に訪れるかもしれないあなたの心の変化を



「片づけのコツ 綺麗な部屋作り」で紹介しました👇。





こちらも参考になりますが、もちろんこのまますぐ



次の行に行っても全然OKです。










こんまり®流片づけ





 こんまり®流片づけのやり方は簡単です。家のモノそのすべてに



さわります。そして「ときめく」モノだけを残していく。





これがこんまり®流片づけです。




え?触るの?全部?



ーはい、全部です。



ーそしてカテゴリー(種類)別にときめきチェックをします。






ときめきチェックは



洋服→本→書類→小物→思い出品と写真 



の順です。






どうして洋服が最初なの?



ーときめきを感じやすいからです。ご自分のハートと身体をいつも



守っているので、ときめくかどうかがわかりやすい、



というのが理由です。




この順番は固定されています。必ずこの順番にやります。




次に、こんまり®流片づけは、モノ別に片づけます。



レッスンを続けていくと、あなた自身の感度が上がってきます。



さらにはそれが、あなたの考え方を大きく変えるかもしれません。  






次回は、洋服のレッスンをお話します。







今日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます。









ロケットの発射準備はOKだ


あなたも一緒に3.2.1 🚀






        



   

                     by ひだかあきこ




                      









この記事へのコメント