こんまり流片づけレッスンを受ける       その2

         =押し入れと天袋編=



こんにちは


あっこです




今日T先生がやって来ました





1日かけて


ふたりでやった

こんまり流片づけレッスンは


ゲームで言うなら

ズバリ

テトリ◯・ザ・天袋





場所によっては

テトリ◯・ザ・押し入れ

と呼ばれるものでした




あり得ない量の箱を

サイズを計って

縦にして

奥に移動して

サイズの小さい箱に入れなおしして



これだけはここに入れようと

決めたものを

T先生は全部入れきったんです

(綺麗に横一列に並べても消えませんが)




T先生のすごいところは


さらに


があった




家中の収納スペースに

散在していた


鎧兜の五月人形の箱たちを


和室の天袋と押し入れの中に


収納しきりました



天袋の奥に梁さえなければ


天袋だけに収め切ったと思う



おおおおおおおおお~





そしてさらに


電車でGo


プレステ


他3つのゲームをすべて

押し入れ後方に積み上げてしまった


今は子供達も使わないし

仕舞うのはどこでもいいよね~


っていう

私のおちゃらけた考えは


モノ(ここでは箱)と真剣に向かい合ってる


T先生の静かな気迫の前に圧倒されました




あと



家族別に収納できるから

大丈夫です

とT先生が太鼓判を押した





私が使う裁縫道具と布地は


大丈夫です

自室のクローゼットの上の棚に

まとめて入りますと言った




そう


そんなことをしてると




あー


帰って来たねーという

モノたちの声


!(^^)!




ただいまただいまと


裁縫道具や布地達の声が(^^)/




したんじゃないかと思うくらい

私の部屋の


雰囲気が明るくなりました




そうかあ


君たちは


ここの部屋の

子たちだったんだねー



今までよそにやってて

ごめんねー




っていう気持ちが
湧いてきました( ^^) _U~~





まだまだレッスンは続きます

このエッセイが

少しでも

みなさまのお役に立てますように






          by あっこ    

"     こんまり流片づけレッスンを受ける       その2"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: